首にイボが出来る原因は一体何?

首にイボが出来てしまう原因は、ウイルスに感染したことによるものと、体質や加齢が原因となって出来る非感染性のものがあります。
ヒトパピローマウイルスが原因の場合は、放っておくと増えてしまうこともあるため、まずは皮膚科で診察を受けることをおすすめします。
首のイボの治療方法は、発生原因によって変わってきますが、ウイルス感染によるものではない場合、液体窒素での冷凍療法や炭酸ガスレーザーでの治療などが行われます。

例えば、首から飛び出している小さめなイボは、スキンタッグと呼ばれていますが、スキンタッグは手術用ハサミで切り取ったり、液体窒素で凍らせて自然に脱落させるなどの方法で治療されます。
また、小さくて盛り上がりがあまりないものは、アクロコルドンと呼ばれており、炭酸ガスレーザーで治療するケースが多くなっています。
なお、皮膚科や美容外科、クリニックなどで治療法や傷跡の配慮などにも違いがあるため、不安な場合は治療を受ける前に相談や確認をしておくと安心です。
首のイボは人目に付きやすい部分であるため、医師の診察を受けることをおすすめします。

01picture

取れそうな首イボはどうするべき?

首イボが取れそうな場合、自分で無理矢理取ってしまうのは避けましょう。
自己流で取る行為は、黴菌が入り化膿してしまったり、傷跡が残ってしまう恐れがあります。
どうしても気になる場合は、紐で縛って取り除く方法もあります。

隆起していて取れそうなものであれば、ハサミでも切り取れます。
黴菌が入らないように、よく消毒したハサミを使用することが大切です。
ただし、傷跡が残ったり、化膿する危険性があるため、首などの目立つイボには注意が必要です。
取れそうな首イボであれば、皮膚科もしくは形成外科を受診すれば痛みや出血もほとんどなく、簡単に除去してもらえるでしょう。

尚、血液を固まりにくくする薬を飲んでいる人は、傷をつけると出血が止まらなくなることがあるため、事前に医師に伝えておきましょう。
取れそうな首のイボは、とても気になり、ついつい触れたくなります。
首に出来るイボは老人性のものがほとんどですが、ウイルスの感染が原因のイボは、皮膚にキズがあったりすると、感染して広がってしまう危険もあります。
取れそうでも、なかなか取れないのが首イボですから、無理にいじったり、ちぎらないようにしましょう。

02picture

かゆみが出た場合はどうしたらいい?

首にイボができてかゆみが我慢できないときには、皮膚科で相談しましょう。
子供に多い伝染性軟属腫ウイルスが原因の場合、かきすぎて傷が出来てしまうと、他の皮膚に移って広がりを見せてしまう可能性があります。
本来であれば、放置しても自然に治るものではありますが、かゆみを我慢するのは辛いものです。
首のイボは紫外線や摩擦の影響を受けることが多く、乾燥しやすいため、かゆみを伴うことがあります。
かゆみを防ぐにはまず、クリームや乳液などで保湿を行いましょう。
日頃のスキンケアで、かゆみが消えることがほとんどです。

また、伝染性軟属腫ウイルスによるイボであれば、簡単にピンセットで取り除いてもらうことができます。
皮膚科では、麻酔テープを利用して、痛みがない状態で施術が行われます。
かゆみが伴っていても、一時的に表れるようなものはアレルギー性であったり、肌の血行が良くなり温熱蕁麻疹の可能性があります。
イボと勘違いして間違った対応をしないように気を付けましょう。
スキンケアや免疫力を高めることに気を付けながら生活すると、首イボを作らないための予防対策になります。

03picture

首イボはにがりで取れる?

イボにはウィルス性と老人性イボとがあります。
首にできるものはウィルス性ではなく、加齢による老人性イボが多いようです。
原因は一概にはいえませんが、年齢による免疫力の低下や、年齢にかかわらず、体質が陰性に傾いた時にできやすいようです。
通常イボの治療は、液体窒素やレーザー治療、投薬等が主ですが、ここではにがりを利用した家庭的な民間方法を紹介します。
いわゆる海水等がよいのですが、スーパーにある、にがりを使用します。

洗面器にニガリとお湯を少量入れ、そのままガーゼ等に浸し、それをそのまま首に塗布します。
にがりは洗い流さず、気になる水分のみをふき取るようにしましょう。
にがりの代わりにあら塩をお湯にそのまま溶かし、首に塗布しても良いでしょう。
使用感はさっぱりとして、次第にイボが小さくなったり、ポロっと取れていくとのことです。

同時に肌のキメが細かくなり、年齢とともに気になる首の色も白くなる効果も期待出来ます。
適度な引き締め効果があり、首の皮脂汚れによる独特の臭い対策にも効果的です。
即効性があり、手軽で、医療機関より安価であるという点がおすすめです。
相乗効果の高い、にがりやあら塩による古くから伝わる民間療法を、ご家庭でぜひ取り入れてみてください。

04picture

首のイボはどんな方法で取れた?

首に出来やすいイボの多くは、加齢によって発生するため、そのまま放置していても自然に取れることはありません。
長年にわたる紫外線の影響や老化が原因のため、老人性イボとも呼ばれていますが、正式には脂漏性角化症イボというものです。

しかし、まれに20代から30代の若年層でも出来る場合があり、それは遺伝的な体質によるものです。
主に、首の周りに出来やすく、年齢とともに増え続けますが、自然に取れたりしないので、気になる場合には効き目のある成分が含まれるものを服薬するか、皮膚科で診察を受けることです。
皮膚科での治療方法は、首のイボの状態により、液体窒素やレーザーなどで焼く方法です。

液体窒素や、レーザーなどは、火傷による痛みが多少なりとも伴いますが、およそ一週間前後で、黒いかさぶたになり剥がれ落ちます。
一方、服薬する治療では、痛みはないもののイボが取れるまでには、長期の服用が必要です。
そこで、一時的に黒くなったり、痛みが我慢できる場合には、皮膚科へ通院し、そうでない場合には服薬がおすすめです。
自分に合った方法で、首イボを取りましょう。

05picture

加齢による首イボに関して

加齢による首イボについては、色々な対策があるわけですね。
首イボ対策商品なども存在しています。
なかでも特に有名なのは、イボコロリですが、詳しく説明しているサイトがあります。
それは、こちらです。
イボコロリの成分とは
この商品ページからでも、いろいろな知識は収取できます。

そして、さらにそういったイボ関連商品にまつわる知識を収集するなら、こちらのサイトが役に立つことでしょう。
参考になるサイト
首のイボの原因と取る方法は?首のイボの除去、市販薬を解説!
このサイトでは、
・首のイボの種類|小さいイボや黒いイボなどの特徴や症状って?
・首にイボが出来る原因とその対処法とは?イボは皮膚の角質のこと?
・首に出来るイボは加齢や老化が原因?老人性のイボは年齢の若い人にもできるの?
などなどについて詳しく説明してくれています。